故人を見送る葬儀には種類がある|それぞれに合ったプランを相談

メンズ

親しみある葬のスタイル

子供

生前に選べるスタイル

故人の意思で参列者を限定する家族葬を考えている場合、葬儀後に無事に終えたことを報告する対応が求められます。親族や友人など、遺族側が葬儀に呼ぶ人数を決めることになるのが家族葬で、日程や場所を案内する訃報が必要となります。誤解を招かないためには、故人の意志で家族葬を執り行うことを伝え、会葬辞退をお願いすることも応対が難しい遺族にとって、必要な伝言マナーです。万が一が起こることを想定し、家族葬に呼ぶ人をチェックしたり、宗教者の場合には僧侶の手配も事前に行い、限定した葬儀である旨を伝えることが大切です。親しい方だけでの通夜・葬儀であることから、故人と最期の時間を悲しみや悔いが残らずに過ごすことができるのも限定した葬儀スタイルの特徴の1つです。

定義がない魅力

家族や親しい方々に限定して故人とお別れするスタイルの家族葬は、葬儀やもてなしの内容を自由に選択できる点が支持されています。例えば、葬儀の移動負担を考え、火葬場が併設されている斎場や近隣の方に不幸を知られたくない場合、遠くの斎場を選びたいなど、万が一に配慮できる事前相談は利用されています。近年、家族に負担をかけたくない思いから、生前葬も注目されています。家族葬も同様、事前相談によって斎場選びやその特徴、希望などによって自由にお別れのスタイルを作り出すことが可能です。例えば、無宗教葬では読経や焼香など、決まりきった流れではない自由なお別れができます。無宗教では、例えば、菊が一般的な献花にも色鮮やかな生花が用いられ、故人が好きな献曲などが選べるなど、遺族あるいは本人の考えで家族葬が執り行える点が人気を集めています。